【市川市】新かほりのマンション付近は市橋・姉歯・市川一家殺害事件の現場!呪いの声も!?

スポンサーリンク

2023年6月28日に千葉県市川市のマンションで母親を殺害し、遺体をバラバラに損壊した疑いで新かほり容疑者が逮捕されました。

犯行の動機については、「霊媒師になるため、殺す必要があった」と供述しており、とても不可解で謎が多い事件です。

そんな中、犯行現場のマンション付近では奇妙な事件が多発しており、「あそこは呪われている」と話す住民もいます。

今回は、犯行現場になった新かほり容疑者のマンションを特定し、近隣住民の間で「あそこは呪われている」と囁かれている理由について調査しました。

最後までご覧ください。

スポンサーリンク

新かほりのマンションはどこ?

今回の犯行現場である新かほり容疑者の自宅マンションはこちらです。

〒272-0138 千葉県市川市南行徳3丁目24 シティテラス南行徳 テラスA
シティテラス
シティテラス2

上の写真が報道された映像で、下の写真が地図アプリで調べた画像ですが、同じマンションです。

新かほりのマンション付近で発生した3つの事件とは?

新かほり容疑者の自宅マンション付近では、過去に大きな事件や奇妙な事件が多発しています。

以下は地元の住民のお話しです。

 「20年近く前、とある大きな事件の関係者が自殺したり、大手英会話スクールの外国人講師が殺害されたり……。この辺ってなんか不吉なんだけど、今回もまた変な事件が起きてしまった……」(地元の住民)

過去に何があったのか調査したところ、今回の現場から半径約3.5km以内で3つの大きな事件が発生していました。

時系列でご紹介します。

1992年「市川一家4人殺害事件」

市川一家4人殺害事件は、1992年3月5日夕方から翌6日朝にかけ、千葉県市川市幸二丁目にあるマンションで発生した強盗殺人事件です。

犯人の関光彦(てるひこ)は、事件当時19歳でしたが死刑判決を受けて、2017年44歳の時に死刑を執行されています。

関光彦(事件当時19歳)は3月5日夕方、会社役員の男性A(当時42歳)宅に侵入し、翌朝までに一家5人のうち、4人を次々に殺害した。関は2001年(平成13年)12月に最高裁で死刑判決が確定し(少年死刑囚)、2017年(平成29年)12月19日に東京拘置所で死刑を執行されている(44歳没)。10歳代の少年による残忍な犯行として社会に衝撃を与え、その重大性から少年法の在り方などに論議を呼んだ事件でもある。
そして、事件の現場住所と建物がこちらです。
市川市幸二丁目5番1号 行徳南スカイハイツC棟 806号室
スカイハイツ

2006年「姉歯事件の姉歯秀次の妻が飛び降り自殺」

新聞記事

2006年3月28日、姉歯事件の姉歯秀次・元建築士の妻(当時49歳)が自宅付近の千葉県市川市富浜2丁目のマンション7階から飛び降り自殺をしています。

現場のマンション駐車場で、乗用車のサンルーフが壊れ、車内で女性が出血して死亡しているのを、所有者の男性が見つけたそうです。

姉歯秀次の妻は、姉歯事件発生より以前からうつ病を患っていたとも言われていますが、姉歯事件により世間やマスコミから激しいバッシングを受けていたことが自殺原因ではないかといわれています。

28日午前5時35分ごろ、千葉県市川市富浜2丁目のマンション駐車場で、乗用車のサンルーフが壊れ、車内で女性が出血して死亡しているのを、所有者の男性が見つけ、管理人を通じて110番通報した。行徳署の調べでは、女性は近くに住む姉歯秀次・元建築士の妻(49)。27日午後~28日未明、マンション最上階の7階通路から、手すりを乗り越えて飛び降りたとみられる。

引用元:asahi.com

姉歯事件とは、2005年11月17日に国土交通省が千葉県にある建築設計事務所の姉歯秀次一級建築士の構造計算書を偽造していたことを公表したことに始まる一連の事件を指します。様々なニュース番組でも扱われた大変大きな事件でした。最終的に構造計算書偽装は姉歯設計士が単独で行ったことが裁判で明らかになっています。その動機は「金を稼ぐために人命より優先した」「優秀な設計士としての名誉を維持したかった」といった、非常に自分勝手なものでした。姉歯建築士は懲役5年罰金180万円の実刑判決となりました。また姉歯事件は別名「構造計画書偽造問題」「耐震偽装問題」ともいわれます。
この事件の場所について、建物の特定はできませんでしたが、大体の場所はわかりました。
市川市富浜2丁目のマンション7階
スポンサーリンク

2007年「市橋達也によるリンゼイ・アン・ホーカー殺害事件」

2007年3月26日に千葉県市川市において、英会話学校講師リンゼイ・アン・ホーカーさん(当時22歳)が市橋達也(当時28歳)によって殺害された殺人事件です。

市橋達也は2年7カ月に及ぶ逃亡生活の末、2009年11月10日大阪南港で身柄を確保され逮捕となりました。

その後、2012年に無期懲役の判決が確定し2023年現在は長野刑務所に服役しています。

以下が、事件現場となった市橋達也の自宅マンションの住所と写真です。

千葉県市川市福栄2丁目11−24 新日本サンライズ行徳
サンライズ

新かほりの事件と3つの事件の位置関係は?

新かほり容疑者の事件と過去3つの事件の位置関係を地図で見てみましょう。

地図

半径約3.5km以内に現場があることがわかります。

ネットでは、”不幸が連鎖する場所”や”呪われている”といわれていますが、これを見ると納得してしまいますね。

スポンサーリンク

まとめ

今回は新かほり容疑者のマンションと近隣住民の間で「あそこは呪われている」と囁かれている理由について調査しました。

日本を震撼させた以下3件の衝撃的な重大事件が半径約3.5km以内で発生していた、ということがわかりました。

  • 1992年「市川一家4人殺害事件」
  • 2006年「姉歯事件の姉歯秀次の妻が飛び降り自殺」
  • 2007年「市橋達也によるリンゼイ・アン・ホーカー殺害事件」

新かほり容疑者は「霊媒師になりたかった」という趣旨の発言もしていて、スピリチュアルに傾倒していたのかという疑惑も出ていて、事件の解明が待たれます。

最後までご覧いただきありがとうございました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ニュース
News Mixed