読売テレビ社長大橋善光の発言が炎上?辞任は?対決の意図は?!

スポンサーリンク

1月17日、松本人志さんの文春報道に対して、読売テレビ・大橋善光社長が会見を行いました。

しかし、その発言内容がひどい、おかしいと批判が高まっています。

一体どのような発言だったのかまとめました。

スポンサーリンク

読売テレビ社長大橋善光の発言が炎上?

それでは、読売テレビ・大橋善光社長の会見での発言を見ていきましょう。

こちらは朝日新聞の記事内容です。

読売テレビ社長発言

読売テレビ社長発言

批判が高まっている大橋社長の発言はこちらです。

「たとえば報道番組で、松本さんと被害に遭われた女性が対決してくれるというのであれば、今すぐにでも私は放送したいと思う」

被害に遭われた女性がテレビに出演して、その番組内で松本さんと対決してくれれば、という驚きの発言をしています。

裁判事案を、まるでエンターテイメントのような扱いをしているような驚きの発言ですね。

スポンサーリンク

 

読売テレビ社長大橋善光の「対決」の意図は?

なぜ読売テレビ・大橋社長はこのような発言をしたのでしょうか。

それには、2つ理由が考えられます。

その1:困惑していて、心にもないことを発言した

1つは、困惑していて、冷静な言葉選びが出来ず、心にもないことを発言してしまった可能性です。

大橋社長は現在の心境をこのように語っています。

「困惑しています。どうするべきか慌てている状態で、視聴者に申し訳ないし、どうおわびをしようかという思いだ」

引用元:スポニチ

かなり取り乱している様子がわかります。

このような心理状態だったため、失言してしまったのかもしれません。

その2:間違った解釈をされて記事になった

2つ目は、大橋社長が発言した内容とは間違った解釈をされて記事になっている可能性も考えられます。

スポニチの記事によりますと、発言内容が「松本さんと女性側がそれぞれ番組に出てもらえるならば」となっており、「対決」ではなく「それぞれ」となっていて、言葉のニュアンスが全く違います。

「それぞれ」であれば、「共演して直接対決」ではなく「別々の出演」という意図とも受け取れます。

「それに関しては番組の性質にもよる。視聴者の方が望んでいないものをする必要はないと思うが、例えば松本さんと女性側がそれぞれ番組に出てもらえるならば、こちらとしてもぜひ放送したい」

引用元:スポニチ

もしかしたら、大橋社長は「松本さんと女性が対決」というような発言はしていない可能性もあります。

しかし、どちらも発言自体は被害を訴える女性の気持ちを軽視しているような発言であることは間違いありません。

 

読売テレビ社長大橋善光の発言について世間の声

被害を訴えている女性にテレビ出演を促すような発言について、セカンドレイプ女性の人権を侵害しているとの世間の声があります。

x

放送局社長がセカンドレイプを推奨するとは。どうなってるんだ、この国は。
x 5
読売テレビ社長「女性側も番組に出てもらえるなら放送したい」
元読売テレビアナウンサー「松本に記者会見と求めるなら女性側にも」
これはもう読売テレビの企業風土なのかもしれませんね。

x 4

社長がこの認識だよ。経営トップが何が問題なのかを一ミリも理解していない。
スポンサー企業の中には、読売テレビの全番組から逃げだすのが出てきても全く不思議はない。
辞任
スポニチの誤報?他者が書いてないのは忖度?事実なら即辞任レベルだと思う・・・
辞任
速やかに辞任するべきって話になってきた。
今回の発言に驚き呆れる声が多数ありました!
また、辞任という言葉まで飛び交っています。
続報があれば追記いたします。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ニュース
News Mixed