【特定】小美玉市の頭蓋骨の発見場所はどこ?事件や事故の可能性?筑波山中でも人骨発見!

スポンサーリンク

2023年12月18日、茨城県小美玉市柴高の市道脇に頭蓋骨があるのを、ごみ出しに向かっていた男性(65)が発見しました。

そして20日柴高の山林で、頭蓋骨のない身元不明遺体を発見したと発表がありました。

遺体は白骨化しており、18日に見つかった人間の頭蓋骨との関連や身元などを調べているとのことです。

今回は、小美玉市の頭蓋骨と頭蓋骨のない白骨遺体が発見された場所はどこだったのか、事件や事故の可能性はあるのか、世間の声も調査しました。

筑波山頂でも頭蓋骨が発見された、という気になる報道についても調べましたのでぜひご覧ください。

スポンサーリンク

【画像】小美玉市の頭蓋骨はどこ?

今回の頭蓋骨と頭蓋骨のない白骨遺体が発見されたのは、茨城県の小美玉市柴高という場所です。

矢印で指した赤丸部分が柴高。

霞ヶ浦湖の上に位置します。

小美玉市柴高

 

まずは、18日の先に見つかった頭蓋骨発見現場から見ていきましょう。

報道によると、茨城県小美玉市柴高の市道脇の草むらに隣接する道路脇に置かれてあったとのことです。

こちらの地図が柴高を少しアップにしたところです。

柴高

これ以上の特定は困難ですが、狭いエリアの市道のため、近隣住民はおおよそ予測は可能かと思います。

スポンサーリンク

 

【画像】頭蓋骨のない白骨遺体はどこ?

頭蓋骨のない白骨遺体が発見された場所は、頭蓋骨が見つかった市道脇から北側に約60メートル離れた山林です。

赤丸で囲った辺りと推察できます。

柴高山林

 

石岡署員が頭蓋骨の発見現場付近を捜索中に発見したようです。

60メートルしか離れていなかったようなので、かなり近い場所だったのですね。

 

遺体の身元は?

遺体の身元はまだ判明していません。

性別や年齢などは不詳。

現在公表されている情報はこちらです。

紺色ジャンパーと白っぽい作業ズボン、長靴を着用していた。

事件や事故の可能性は?

現在捜査中ですが、事件や事故の可能性はあるのでしょうか。

また、なぜ頭蓋骨だけ別の場所にあったのでしょうか。

考えられえる可能性は、2つありそうです。

別の場所で殺害され犯人が遺体を山林に遺棄、頭蓋骨はたぬきなどの動物が別の場所から運んできた
行方不明者が山林で亡くなり、頭蓋骨はたぬきなどの動物が運んできた

とにかく身元が判明してご家族の元に帰れることを願います。

 

世間の声は?

小美玉市柴高の白骨遺体発見の報道を受けて世間ではどのような声があるのでしょうか。

恐怖を感じるや早く身元が判明されて欲しいと願う声など様々です。

やっぱり(頭蓋骨発見現場の)近くに有りましたね。犬か狸あたりが頭蓋骨を咥えて行ったんでしょうが、お陰で本体の発見につながりました。早くご遺体の身元がわかって、埋葬されますように。
先日まで小美玉市に住んでいましたが、夜は国道から外れると真っ暗ですし人気もないし怖かった印象がありますね〜まぁ車が無いと何も出来ない所ですね。
茨城なんて、誰も来やしないし探さない。 山だの森は沢山あるから、埋められてたって 不思議ではないよな。
先日見つかった頭蓋骨の胴体かしら。
うわぁめっちゃ地元。上吉影だな。夜は人通り無いし道路脇の山林なんか人影なくて当然。こっわ。
身元が特定されて、事件解決や行方不明者発見に繋がると良いですが、かなり昔に亡くなっている遺体ということになれば、難航しそうですね。
 
 

筑波山中でも人骨発見!

小美玉市柴高で頭蓋骨が見つかる前の11日にも、つくば市の筑波山中でも人骨を発見したと発表されました。

県警などによると、11日午後3時ごろ、筑波山ケーブルカーの筑波山頂駅から南東に約300メートルの山中で、年に1回のケーブルカーの設備点検をしていた管理会社の男性(35)が頭蓋骨とみられる骨の一部を発見した。

引用元:産経新聞

いずれも県警が身元の特定を進めるとともに、関連を含め事件と事故の両面で捜査しているそうです。

小美玉市から筑波山

小美玉市柴高から筑波山までは直線距離で約30km。

関連がないかもしれませんが、この距離で相次いで頭蓋骨が見つかるというのは驚きですね。

これから遺体の身元の確認と事件性がないか調べて行くようですが、2件の白骨遺体の真相解明が待たれます。

その後何か動きがあれば追記していきます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ニュース
News Mixed