【動画】大阪野崎祭りのフルーツ・金魚窃盗の少年の顔画像は?罪に問われる?

スポンサーリンク

2023年5月5日こどもの日に、お祭りの屋台でフルーツや金魚を窃盗する動画がInstagramに投稿されました。

友達同士で面白がって撮った動画を何も考えず投稿したようですが、完全アウトの犯罪動画です。今回は、この窃盗動画について情報をまとめましたのでご覧下さい。

場所や人物は特定されている?

場所はこの動画を見た方のTwitterの口コミなどから大阪府大東市野崎にあるのざき観音で5月1日から1週間あまり行われる「野崎まいり」というお祭りで特定できそうです。

名称:野崎まいり

開催場所:大阪府大東市野崎2丁目7番1号

     野崎観音 慈眼寺

開催日:2023年5月1日(月)~2023年5月8日(月)

アクセス:電車:「大阪」駅から学園都市線に乗り換え、「野崎」駅で下車し、東へ徒歩約10分。

 

人物は動画の顔しか情報はなく、その他は特定されていないようです。

どうしてこんなことしたの?

悪ふざけのようですが、当然のように投稿されたアカウントは既に削除されてしまっているので、なぜこの様な行き過ぎた悪ふざけをしたのか理由はわかっていません。

お祭りで盛り上がって興奮し過ぎた結果、友達同士での遊びのつもりの悪ふざけなのかもしれませんが、これは窃盗で犯罪ですし、金魚は生き物であり一つの命ですから本当に許せませんね。

Twitterの口コミはもちろん大炎上?

どんな犯罪になる?刑罰は?

「20歳未満であれば日本では少年法があるため、刑事事件ではなく少年事件として手続きが行われます。

また、14歳未満の未成年は逮捕されることはありませんが、14歳以上であれば窃盗罪で逮捕される可能性は十分にあります。

逮捕とは、窃盗罪の取調べのため、警察署内の留置場に勾留(身柄拘束)することです。

ただ、実際のところ、窃盗罪で盗んだ品が見つかっていたり、または親御さんがしっかりと監督することを約束すれば、未成年が逮捕される可能性は低いそうです。

窃盗罪の刑罰は10年以下の懲役又は50万以下の罰金です。

ただ、この罰則は裁判が開廷されて有罪判決が下された場合に科されるものとなり、

未成年による窃盗事件の場合は、家庭裁判所により教育的指導などの不処分、保護観察、少年院送致などなどになる場合が多いようです。

未成年の窃盗事件では、まず弁護士に依頼して被害者と示談できる可能性もあるようです。」

(法律事務所HPより引用)

当事者の少年は14歳より上か下かわかりませんが、中学生くらいに見えます。

逮捕という可能性は低いようですね。

まとめ

SNSを使って自分の犯罪動画を投稿してしまう事件が後を絶ちませんが、デジタルタトゥーで拡散し続けられる怖さがわかっているのでしょうか。

会社などではコンプライアンス研修などでSNSとの適切な付き合い方を学んだりしますが、これからもSNSは生活に欠かせないツールになりますので、子供の頃から学ぶことが大切かもしれませんね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ニュース
News Mixed