今井清則の死因は病気で癌?BNR32GTRの第一人者だった!

スポンサーリンク

2024年1月5日、Bee☆R(ビーレーシング)代表の今井清則さんがお亡くなりになりました。

今井さんはレーシングカーの技術者として大変ご活躍されました。

今回は、今井清則さんの死因、闘病中の様子、これまでの功績についてご紹介します。

スポンサーリンク

今井清則の死因は病気?

今井さんの死因は癌であることがわかっています。

公式ブログによると、今井さんご自身がカミングアウトと題して病状を明かしていました。

2019年に悪性大型癌が見つかり、化学療法や数回に渡り摘出手術を行い。ツラい抗がん剤と戦って来たが2023年には転移が多く大きくて取りきれない敵が肝臓に肺に。余命宣告されました。ここからは体力も大切だけど精神力を磨き戦うことにレースチャレンジのパワーを使ってギリギリまで自分をチューニングしたいと考えました。

引用元:Bee⭐︎R公式ブログ

2019年に癌が見つかり、闘病を続けていたようですが、昨年2023年肝臓、肺に転移して手術出来ない状態で余命宣告をされていた、とありました。

今井清則は癌の闘病中もレースに挑戦!

今井さんは、闘病中にも情熱を失わず、レースに挑戦していたことがブログに綴られていました。

今回のGR86は幸いにも九州オートポリス大会。北海道十勝大会。岡山大会と外装の接触を少し以外は無事。少なくとも年内はミッションも持たせたいので封印のまま体験学習として参戦させていただきます。。。。こうやってギリギリでもレース出来て幸せです。

引用元:Bee⭐︎R公式ブログ

手術後の後遺症や薬の副作用に大変辛い思いをされたようですが、唯一好きなレースが救いになっていると語っています。

スポンサーリンク

 

今井清則はBNR32GTRの第一人者!

今井清則

今井清則の略歴

今井清則が代表を務めるBee☆R(ビーレーシング)は、モータースポーツのチューニングショップ。

1990年に、BNR32GTRのチューニング・レースカー製作をメインに開業しました。

今井さんは開業前から多数のレーシングカー・チューニングカーの製作に携わっていてご自身もレースに参戦していたとのこと。

1979年に神奈川工業高等学校 電子科を卒業しており、その知識を生かした、コンピューターチューニングを得意としていたようです。

BNR32GTRとは?

GTR

出典:wikipedia

BNR32は、日産スカイラインの8代目です。

7代目をダウンサイジングしてスリム化したスタイリングは、自動車評論家やレーサーからは最もバランスの取れたモデルとして歴代のスカイラインの中でも高い評価を得ています。

4ドアセダンは先代と比べてかなり狭くなった車内空間(特に後部座席)でファミリーユースが減少して、販売台数は落ち込んだようですが、いまだにBNR32は歴代GT-Rの中でもファンが多いことで知られています。

車好きはもちろん、そうでなくても「GTR」が街中を走っていると思わず振り返ってしまうほど、格好いい名車ですよね。

今井さんは、その「BNR32GTR」の第一人者だったようです。

ご冥福を心よりお祈りいたします。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ビジネスパーソン
News Mixed